BLOGブログ
BLOG

特別縁故者とは?

2020/07/01

一般的に、故人の遺産を相続するのはその配偶者や子どもといった場合が多いのですが、
配偶者も子どももおらず両親も亡くなっている人の遺産はどうなるのでしょうか?

例えば、故人のいとこが相続するということもあるのでしょうか?
法定相続人になる可能性のある親族は、配偶者、子ども(孫、ひ孫・・・)、親(祖父母、曽祖父母・・・)、兄弟姉妹、甥姪の範囲に限られますので、いとこが相続人になることはありません。

ただ、いとこに遺産を取得させるという内容の遺言があれば、いとこでも遺産をもらえることになります。

では、遺言もなく法定相続人になる親族もいない人の遺産はどうなってしまうのでしょうか?
これは原則として国のものになってしまいます。

しかし、そういう場合であっても、「特別縁故者」と認められる人がいれば、その人が遺産の一部または全部を取得できることになります。

どういう人が「特別縁故者」になるのでしょうか?

単に親族だというだけでは「特別縁故者」とは認められません。
「特別縁故者」となり得るのは、次のような条件に当てはまる方です。

・亡くなった方と生計が同一だった
・亡くなった方の療養看護をしていた
・その他亡くなった方と特別の縁故があった

典型的なのは、内縁の夫または妻、養子縁組はしていないけれど長く親子同然に生活してきた事実上の養子などです。

自分から積極的に申立てを行わなければ「特別縁故者」と認められる可能性はありませんので、少しでも可能性があると思われるのであれば、早めに専門家に相談して申立てを検討した方がよいでしょう。

練馬で弁護士をお探しでしたら、地域に根ざし、さまざまな案件に対応してきた実績をもつ当法律事務所もぜひご検討ください。
とりあえず相談だけということももちろん可能ですので、お気軽にお問い合わせください。